爆発ボンバーからの流行の転機

私の髪はずっと昔から癖毛で毛量が異常に多いです。http://fukuromono.noor.jp/

それに加えてパサパサしているので山姥みたいです。小学校の頃は髪を短く切ればマッシュルームカットなどではなく角刈りのように逆三角になり、汗をかけばうねるというひどい有様です。特に運動部に所属していたので髪を伸ばし常に結んでいました。その当時は4箇所ゴムでしっかりと止めていました。

中学校でもそれは変わらず、プラス外での部活動になりなお髪は痛み密かにストレートパーマ市販のやつを使っていました。しかしやれば髪が茶色になり顧問の先生に染めたと怒られた経験があります。高校生になり美容院に行って施術しても前髪のうねりがすぐに出てしまい、数日ですぐ取れてしまいます。特にストレートパーマをかけた数日は髪の毛を洗えないので河童みたいになりながら学校に行くのが苦痛でした。途中から縮毛矯正が流行り熱いアイロンコテで伸ばし長い時では4時間近く施術していました。熱いほど根元をしっかりとやってもらえていると勝手に勘違いして耐えていまし。

社会人になり髪の毛にうんざりして、髪の毛の内側をすべてバリカンで刈っていた時期もあります。逆に週に一回バリカンで刈らないと髪の毛が横から生えてきてボリュームアップに…。今ではパーマが流行りだし脱縮毛矯正して癖毛をうまく生かした髪型にしてもらっています。パサパサなのはオイルを大量に使って誤魔化しています。昔はストレートこそモテるというイメージと前髪有という概念に囚われていたので今では全く逆の前髪なし、いい意味でパーマいらずになってます。

髪の毛の艶をよくするために

髪の毛のつやというのは何といっても髪の毛は健康であるということによって生み出されるということになります。それは日々のケアなどによって生み出されるということもありますが自分自身の健康状態などによっても変わって来ることになりますから、しっかりと注意しておかなければならないことになります。http://firefight.main.jp/

髪の毛というのは見た目にも大きく影響するということになりますので良い髪の状態であれば若々しく見える、ということになります。

そうした意味においては髪の毛というのはなんといってもとても大事なことです。そこで私が考えたのがシャンプーです。シャンプーにはいろいろな成分が入っているということがあるのですが、そうではなくて特に入っていないというシャンプーにするということを考えてみました。つまりは、何も特に入っていないシャンプーというのはあえて使うということです。シャンプーも何気に身体に負担がかかることになります。

髪の毛に負担がかかるとされていますから、石鹸シャンプーとか本当に洗うだけの能力しかないようなシャンプーにするという事によって髪の毛をより強くする、ということができたりするわけです。

石鹸シャンプーは最初ごわごわしますがその後は意外としっかりと腰のある髪にしてくれます。

最近とっても気になるアホ毛

最近の悩みはアホ毛。短い髪の毛がピョンピョンと出てきて気になってしょうがない!ワックスで抑えてみたりしたが、どーにもならない。どーにかならないものかと美容室に行ったときに美容師さんに聞いてみた!「うーん。アホ毛っていうか、切れ毛ね。毎日ストレートアイロン強めに引っ張りながら使ってるでしょ?だから切れちゃうんだよ。」って。

くせ毛の私にとってストレートアイロンは毎日の必需品。それを使うなと言われても・・・

エメリルオイルはどの通販サイトが最安値?使用した効果やアラサー主婦の口コミなどを全紹介!

じゃあ、ストレートアイロンを使わないように髪を束ねちゃえばどうだ!「それだって縛るのに髪の毛を引っ張るじゃん。」との美容師さんからの一言。私はどうしたらいいんだ???「あまりアイロン使わないようにドライヤーで伸ばして、スタイリングだけアイロン使うように心がけて!」だそうです。

「あと、歳のせい(笑)」と最後にパンチを食らいました。やはり年齢を重ねると、太く硬い私の髪の毛も衰えて痩せてくるとのこと。その髪の毛を若い時同様に強めに引っ張ったらプチプチと切れてしまうのだそうです。

今はとりあえず椿油をつけて髪の毛を滑らかにし、なるべくストレートアイロンで強く引っ張らないように気をつけながらの日々。それでも毎日ストレートアイロンは使っちゃうんだよね。まだまだアホ毛との戦いは続く私です。

歳と共に変わる髪の悩みについて

こんにちは!05hazuki17です。

ノアルフレシャンプーを使った私の口コミ!感想から解約方法まで全て暴露します!

私は学生時代、髪の量が多すぎることで悩んでいました。

寝起きは特にすごく、常にボサボサ、耳にかけるとその部分はうねりゴムで束ねるの必須の厄介な髪質です。

そんな私ですが、中学生の時にストレートパーマの存在を知り定期的にかけるようになりました。

高校生時代はヘアカラーをかけまくり、生命力に満ち溢れた髪質にダメージをかけまくったのです。

なんだかんだ自分の髪質と工夫を凝らしながら付き合ってきました。そんな私も3度の出産を経験し、アラサーに。

歳をとったからなのか、出産が原因なのか、あるいは髪に負担かけすぎたのか・・・

白髪と抜け毛がひどくなり、毛量の衰えに悩んでいます。

指を髪に通しただけで抜けていく黒髪と、無駄に生命力の高い白髪。「なんでお前が(白髪)が残るんや!」とツッコミを入れてしまいたくなるほどです。

同世代の艶やかな髪に憧れ、高いトリートメントやヘアカラーを使ったりしましたが、やはり理想には近づけず。

毎日浴室で、排水溝に貯まる自分の毛量の恐怖すら感じます。

今頃になって分かった、髪の量が多すぎるというありがたみ。

髪の悩みは歳を重ねるにつれ変わっていくものなんだなと痛感しています。